HOME > News > FIKA、北欧デザイナー23人による手ぬぐい展

FIKA、北欧デザイナー23人による手ぬぐい展

2014 年 4 月 9 日(水)~23 日(水)、スウェーデン大使館(東京都港区六本木)において、展示会 “北欧デザイナー23 人によるてぬぐい展「北欧流おもてなし『FIKA』の心」”を開催いたします。本展示会 は、両社が本年 2 月より開始した新事業「Scandinavian Pattern Collection」の文化交流イベント第 1 弾です。

PLDT は、スウェーデンを代表する名作「長くつ下のピッピ」や、北欧最古のテキスタイルブランド「フィ ンレイソン」など、北欧コンテンツに特化したライセンス事業を行っています。一方、Swedenstyle は、ストックホルムを拠点とし、デザインを中心とした北欧関連の幅広い情報を、Web サイトのほか、書籍、講演活動を通して発信しています。両社は、長年関わってきた北欧と日本との間のビジネス等を通して、 日本人の精神としてとらえられている「おもてなし」が、実は北欧にも通じているのではないか、というところに着目し、本展示会のテーマとして「北欧流おもてなし『FIKA』の心」を設定いたしました。

FIKA とは、スウェーデンで、仕事の合間や日々の暮らしのなかで、友達や家族と集まってお茶をいただく時間のことをいいます。世界で最もコーヒーを消費する国のひとつであるスウェーデンでは、FIKA タイムは職場でもプライベートでも大切なひとときであり、日本でいうところの“飲みニケーション”のように、 FIKA でコミュニケーションを取ります。職場での FIKA タイムは、従業員が仕事の手を休め、集ってお茶を楽しむ大切な時間であり、プライベートでは、お気に入りのカフェで過ごしたり、テーブルセッティングを整え手作りの焼き菓子を添えて、自宅にゲストを迎え、心地よい時間を過ごしています。気負うことなく、 他人を思いやり、時間をともに過ごす心。これこそが、北欧流おもてなしのスタイルです。

本展示会に展示されているデザインは、「Scandinavian Pattern Collection」に参加している北欧デザ イナー23 人によるもので、てぬぐい専門メーカーである株式会社かまわぬとの協力のもとで、注染てぬぐいに染め上げました。本展覧会の特徴は、これらのデザインが単なる「柄としての北欧デザイン」ではない、という点です。「Scandinavian Pattern Collection」の事業コンセプトの一つである「デザインの背後にデザイナーの気もちがあり、デザインの向こうに人々の暮らしがある」という視点で、てぬぐいデザインをとらえ、北欧ライフスタイルのなかでのてぬぐいの使い方の提案も行っていきます。

また、今回の特別展示として、スウェーデンで最も人気のイラストレーター、スティーナ・ヴィルセンが、てぬぐいの反物 1 本に手描きで描いた、長さ 10 メートル以上もの作品「Welcome to Stockholm」も展示されます。展示会中には、Swedenstyle 代表の山本由香のほか、参加デザイナーも数名来日いたします。

スウェーデン大使館での展示終了後、4 月 26 日(土)~5 月 8 日(木)、かまわぬ浅草店 2F“piece”にお いて、23 名 25 種の手ぬぐいの先行販売を行います。さらに、その後、有名百貨店での全国巡回催事 についても計画中です。

【詳細情報】
タイトル:北欧デザイナー23 人によるてぬぐい展 北欧流おもてなし『FIKA』の心
日時 :2014 年 4 月 9 日(水)~23 日(水) 10:00~17:30(最終日は 16:30 まで)
(ただし、4 月 18 日(金)~20 日(日)はイースターのため休館) ※12:30~13:30 は昼休みのため入館できませんのでご注意ください。
場所 :スウェーデン大使館 ベルイマン展示ホール 〒106-0032 東京都港区六本木1-10-3
主催 :株式会社プラスライセンス&デザイン TOKYO Swedenstyle
後援 :スウェーデン大使館 スヴェンスク・フォルム(スウェーデン工芸デザイン協会)
協力 :株式会社かまわぬ、株式会社ビルドー、 エディション・ドゥ・パリ株式会社、Photowall(Sweden)